Excelを使って簡単なタイトル画像を作ってみよう!~その1~

WordPressのプラグインのElementorは、

ページ作成がドラッグ&ドロップで非常に簡単ではあるのですが

見出しの1部分だけ、違う色にしたり、

大きさを変えるのは、少し難しく、

またレスポンシブ(デスクトップやスマホでの画面デザインを変えること)

でのサイズ変更が難しかったりするので、ここでは画像で作っていきます。

ここでは 簡単な以下のような「タイトル画像」を作ります
●画像の上をクリックすると画像が拡大表示されます
※画像サイズによっては大きく表示されない場合もあります
① Excelを起動させ【表示】→【目盛線】のチェックを外します

目盛線を外すことによって、目盛線が消えて、白いキャンバスとして使用することができます

② 【挿入】→【テキストボックス】を選択し、文字を入力します
③ テキストボックスを選択し、フォントの設定を行います

テキストボックスの枠線をクリックすると点線から実線に代わります。この状態でフォントの設定を行います。

※枠線が点線状態では、どこも選択していない状態なので、フォントの設定を行うことができません

④【ホーム】→【フォント】でフォントの設定を行います

フォント(文字の形)、フォントの大きさ、文字の色、太字を設定します

⑤ 3の部分だけを範囲選択してフォントの設定を行います

フォントサイズ、フォントの色を変更します

⑥ Snipping Toolを起動させ【新規作成】をクリックし、左上から右下へドラッグして切り取る部分を選択します

●Windows Vista/ 7 の場合:「スタート」⇒「全てのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「Snipping tool」で起動。

●Windows 8/8.1 の場合:スタートメニューの「Windowsアクセサリ」⇒「Snipping tool」で起動。

●Windows10の場合:スタートメニューの「全てのアプリ」⇒「Windows アクセサリ」⇒「Snipping Tool」で起動。

⑦ 範囲選択が終わるとSnipping Toolの画面が表示されるので【切り取り領域の保存】ボタンをクリックし保存します

【切り取り領域の保存】ボタンをクリックすると【名前を付けて保存】が表示されるので、名前をつけて、わかりやすい場所(デスクトップ等)に保存します

画像の背景を透明にする

① 画像透過ツールを開きます

画像透過ツールサイトを開きます。

② 透過する画像を選択します

さきほどペイントで作った画像を選択します。

③ 透過する部分を指定します​

透過する部分をクリックすると、背景が白から格子柄に変わります。(格子柄=透明)

④ 画像として保存します-1

【画像化】をクリックします。

⑤ 画像として保存します-2

表示された画像を右クリックし【名前を付けて画像を保存】をクリックし、保存します。

いかがでしたか?

Excelなど、特殊なソフトを使わずに、作る方法でした。

ぜひ作ってみてくださいね!

▼ たった"半日"で「集客型ホームページ」を作るレッスン開催中♪ ▼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼

8つのステップで、
SEOに強いWordPressを簡単導入!

「売り込まないネット集客成功法」をダウンロードすると、「ここから始めよう!WordPress」もダウンロードできます。

WordPressのインストール方法、レンタルサーバの登録方法、独自ドメインの設定方法、常時SSL化の設定方法などが記載されているので、これを設定しちゃえば、WordPressの導入が簡単にできちゃいます‼

「ここから始めよう!WordPress」のダウンロードはこちら
8つのステップで、SEOに強い「WordPress」を簡単導入できます‼

「ここから始めよう!WordPress」は、これからWordPressを導入したい方向けに、レンタルサーバーを登録するところから、WordPressの初期設定までの一通りが書いてあるマニュアル本です。ぜひあなたのホームページ作成にお役立てください♡

<目次>

ステップ1:レンタルサーバーを借りよう!
ステップ2:独自ドメインを取得しよう!
ステップ3:取得したドメインをサーバーに追加しよう!
ステップ4:データベースの設定
ステップ5:WordPressをインストールしよう
ステップ6:homeを削除する方法
ステップ7:無料SSLを設定しよう
ステップ8:WordPressの初期設定