【初心者でも簡単!】WordPressのプラグイン<Elementor>の基本的な使い方1

ホームページやランディングページ(LP)の作成で、パソコン苦手な方は、苦戦される方も多いのではないかと思います。

そこで、とっても簡単にページが作れちゃう【Elementor】の使い方のご紹介です!

→【Elementorのインストール方法はこちら】

※画面をクリックすると拡大表示されます

説明するまでもなく(笑)

左の入れたいパーツを、右側のキャンパスに「ドラッグ&ドロップ」するだけです(笑)

これ、本当に慣れちゃえば、誰でも簡単にWEBページを作ることができちゃうんです。

私もHTMLやCSSを学んできましたが、Elementorさえあれば、そんな知識不要です。

追々細かい説明はしていくとして、今日は、「テンプレート」についてご説明しましょう。

Elementorで、ページを作成する時には、

最初に画面左側の「ページ属性」の「テンプレート」を選択してから、

必ず「下書きとして保存」ボタン(左側上部)をクリックします。

 

「テンプレート」は簡単にいうと、「どのキャンパスの上に絵を描きますか?」というもので、

ヘッダー+フッターがついたキャンパスなのか、

何もない真っ白のキャンパスなのか、

もともとWordPressのテーマで設定されているテンプレートのキャンパスなのか

…を選択する必要があります。

 

それぞれ、実際の画面で見てみましょう。

デフォルトテンプレート

「デフォルトテンプレート」は、

・ヘッダー

・フッター

・キャンパスレイアウト(設定されているテーマのレイアウト)

で、表示されます。

Elementorを使っている時は、

ほとんど使わないかもしれません。

Elementorキャンパス

「Elementorキャンパス」は、

本当に何もない真っ白なページを作ることができます。

ランディングページ等は、ヘッダーメニューやフッターメニューはいらないので、このElementorキャンパスを使って作ります。

このような「真っ白なページを作る」というのが、WordPressのテーマが設定されてしまっていると(※Elementorがインストールされている場合を除いて)なかなか作ることが難しいんですよね。。

Elementor 全幅

「Elementor 全幅」は、ヘッダーメニュー、フッターメニューはつけたいという場合に使います。

ホームページの中で別の固定ページを作る時に使いますね。

まとめ

Elementorでページを作成する場合は、まずはじめに「ページ属性」の「テンプレート」を選択して、

どのキャンパスに絵を描くのか?

ということを決めてからページを作るようにしましょう。

くれぐれも設定してから「下書きとして保存」ボタンをクリックしないと、Elementorで編集画面を開いた時に、その設定で表示されません。必ず下書き保存をしてから、編集に入りましょう!

  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼

8つのステップで、
SEOに強いWordPressを簡単導入!

「売り込まないネット集客成功法」をダウンロードすると、「ここから始めよう!WordPress」もダウンロードできます。

WordPressのインストール方法、レンタルサーバの登録方法、独自ドメインの設定方法、常時SSL化の設定方法などが記載されているので、これを設定しちゃえば、WordPressの導入が簡単にできちゃいます‼

「ここから始めよう!WordPress」のダウンロードはこちら
8つのステップで、SEOに強い「WordPress」を簡単導入できます‼

「ここから始めよう!WordPress」は、これからWordPressを導入したい方向けに、レンタルサーバーを登録するところから、WordPressの初期設定までの一通りが書いてあるマニュアル本です。ぜひあなたのホームページ作成にお役立てください♡

<目次>

ステップ1:レンタルサーバーを借りよう!
ステップ2:独自ドメインを取得しよう!
ステップ3:取得したドメインをサーバーに追加しよう!
ステップ4:データベースの設定
ステップ5:WordPressをインストールしよう
ステップ6:homeを削除する方法
ステップ7:無料SSLを設定しよう
ステップ8:WordPressの初期設定