【初心者でも簡単!】検索順位をあげるためのブログ構成<Elementor>

検索順位をあげるための施策(SEO対策)の一つとして、

ブログを書く時に、

【見出しをつける】

というのがあります。

 

なぜ、見出しをつけるのかというと、Googleの検索エンジンに

「わかりやすい文章」

ということを認識してもらうためです。

 

今日は、「わかりやすい文章」にするための

見出しの付け方をご紹介しましょう。

全体の流れを確認してみてください♪

※アニメーションなので、再生ストップは自由にできません。ごめんなさい。
※画像の上をクリックすると拡大表示されます。

【テキストエディター】【見出し】を交互に挿入

まず、普通に内容を書く部分には【テキストエディター】を入れ、

見出し部分には【見出し】

ブロック(点線の枠で囲まれている箇所)にドラッグ&ドロップします。

 

基本的には、

「見出しに対して内容を書く」

ということで書いていきます。

 

見出しを設定すると

自動的に公開ページには【目次】が表示されます

※目次用のプラグインをinstallする必要があります。

【見出し】にはレベルがあります

見出しにはレベルがあります。

赤枠部分が見出しのレベルを設定するところですが、

【HTMLタグ】を見ると、H1~H6までありますね。

WEBページは、すべて「HTML」というコードを使って

書くことによって、WEBページとして完成されるので

プロは、HTMLコードを書いてページを作っていきます。

 

でも、素人の方だって、自分でWEBページ作りたい!

でも、さすがにHTMLコードを使ってページを作るのは

難しいよね~

ってことで、Elementorのような、素敵なプラグインが

登場するのです(笑)

 

こういうプラグインを使っていても、

裏側では全部自動的に「HTML」に書き換えてくれています。

 

で、見出しは、この「見出しタグ」というもので囲む必要があるのです。

 

ちなみに見出しタグで囲むと、以下のような表示になります。

 

※私は見出し2をよく使うので、

ちょっと色をつけたり、下線をつけたりしています(^-^

実際に、裏で入力されている内容はこんな感じです。

↓↓↓↓↓

<h1>h1は1番大きい見出し</h1>

<h2>h2は2番目に大きい見出し</h2>

<h3h3は3番目に大きい見出し</h3

<h4h4は4番目に大きい見出し</h4

<h5h5は5番目に大きい見出し</h5

<h6h6は1番小さい見出し</h6

 

<>は、本当は半角で入力しますが、

ここで半角に入力しちゃうと、上記のような

目次の書式に変わっちゃうのでw

ここでは、あえて全角で入力しています。

このようにレベル分けをすることで、

文章の構成がわかりやすくなり、

Googleの検索エンジンロボットさんも、

「わかりやすい文章だな。上位に表示させてあげよう!」

ということになるのです。

 

Elementor の【見出し】レベル

ちなみにElementorでは、【見出し】を挿入すると、

自動的に「H2」のレベルで設定されます。

 

なぜかというと、ブログでいえば、題名が「H1」なので

すでに「H1」が使われれていることが多いだろう

ということで、「H2」が入るようになっています。

 

ちなみに「H1」はそのページで入れられるのは

1つだけ

です。

 

とはいっても、別に入れることはできるのですが(笑)

H1は、WEBページの主題に使われるものなので

主題をいくつも入れてしまうと、

検索エンジンが混乱してしまいます(^-^;

なので、1ページに「H1」は一回だけ使うようにしましょう。

何度も言いますが、ブログの時は題名が「H1」となっているので

使うならば「H2」以降になります。

 

ちなみに、H2~H6は何度でも使ってOKですが、

順番を入れ替えて使うようなことも避けましょう。

たとえば

——————–——————–

H3見出し

 H2見出し

 ~文章~

—————————————-

といった感じです。

これでは、検索エンジンが混乱してしまいますよね(^-^;

この図のように、

わかりやすい文章校正にすると

検索エンジンにとっても

読む人にとっても

読みやすい記事になるのです。

その他のHTMLタグ

見出しレベルを設定するところで

見出しタグ(H1~H6)以外に

【div】【span】【p】というタグがあるので、

それぞれのタグの説明をしておきますね。

Elementorを使っている限り、あまり覚える必要も

ないかもしれませんが(笑)

div タグとは

(↑ちなみに、これH3レベルの見出しですw)

divタグとは

ここは見出しですよ~

とか

ここは画像ですよ~

とか、

ここはフォームですよ~

とか、

ここは表ですよ~

とか、ブロックごとに意味があったりしますが、

divタグは、それ単体では特に意味のあるブロックにはなりません

どういう時に使うかというと

divタグで囲った箇所だけ

真ん中にもっていきたいとか

上の余白をあけたいとか

そういった自分流に設定する時に使うものになります。

span タグとは

Elementorを使っていて、この【HTMLタグ】の【span】を指定することって

ほとんどないと思いますが…

 

spanタグは、こんな感じです

↓↓↓

Elementorで、見出しを入れると、

見出し全体の色を変えることができますが、

部分的に色を変えたい!

という時には、

このようにテキストを入れる箇所にspanタグを使うことがあります。

※#ff0000というのは、色の指定です。

このように、文章のある一部分だけに書式を変更したい場合にspanタグを使ったりします。

p タグとは

pタグは、”paragraph”の略で、「段落」を意味します。

1段落が、どこからどこまでなのか、ということを指定する時に使います。

まとめ

いかがでしょうか?

 

ブログのような記事を書く時には、

見出しタグを使って、

文章構成をわかりやすくすることが重要です。

 

今まで、H1タグを1ページの中で、ガンガン使っていた方、

見出しレベルを適当につけていた方、

全部変更してみてください(笑)

それだけでも、

検索エンジンの上位表示に効果はかなりあると思いますので♪

 

  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼

8つのステップで、
SEOに強いWordPressを簡単導入!

「売り込まないネット集客成功法」をダウンロードすると、「ここから始めよう!WordPress」もダウンロードできます。

WordPressのインストール方法、レンタルサーバの登録方法、独自ドメインの設定方法、常時SSL化の設定方法などが記載されているので、これを設定しちゃえば、WordPressの導入が簡単にできちゃいます‼

「ここから始めよう!WordPress」のダウンロードはこちら
8つのステップで、SEOに強い「WordPress」を簡単導入できます‼

「ここから始めよう!WordPress」は、これからWordPressを導入したい方向けに、レンタルサーバーを登録するところから、WordPressの初期設定までの一通りが書いてあるマニュアル本です。ぜひあなたのホームページ作成にお役立てください♡

<目次>

ステップ1:レンタルサーバーを借りよう!
ステップ2:独自ドメインを取得しよう!
ステップ3:取得したドメインをサーバーに追加しよう!
ステップ4:データベースの設定
ステップ5:WordPressをインストールしよう
ステップ6:homeを削除する方法
ステップ7:無料SSLを設定しよう
ステップ8:WordPressの初期設定