「ページに何人ぐらいアクセスがあるのか?」を簡単に見るためのWordPressプラグイン「Post Views Counter」

ホームページを作ると、各ページに

いったいどれくらいの人がアクセスしているのか?

ということを知りたくなりますよね?(^^

 

どのページが人気があるのかというのが

すぐにわかるようになるWordPressプラグインの

「Post Views Counter」

を、今日はご紹介します♪

●画像の上をクリックすると画像が拡大表示されます
WordPressのダッシュボードにログインし、【プラグイン】→【新規追加】をクリックします
【キーワード】に「Post Views Counter」と入力し、下の画面に「Post Views Counter」が表示されたら、【今すぐインストール】をクリックします
インストールが完了したら【有効化】をクリックします

「Post Views Counter」の設定

【設定】→【Post Views Counter】をクリックします
【General】と【Display】の2つのタブがあるので、それぞれの設定を行います

「General」の設定:動作に関わる機能を設定します

Post Types Count

「固定ページ」「投稿」など、どのタイプの記事をカウントするかを選択します。

Counter Modeカウントデータを収集する方法を選択します。キャッシュ関連のプラグインを使用している場合は「Japascript」を選択します。わからない時は「PHP」で試して、カウントがおかしいようでしたら他のオプションを試してみましょう。
Post Views Columnチェックを入れると一覧画面で(「投稿一覧」「固定ページ一覧」)カウント数が表示されます。
Restrict Editチェックを入れると、管理者以外は、カウントの編集はできません。(カウント数は固定ページや投稿ページの編集画面(下記図1)で数字を変更することができます)
Count Interval同じユーザーが同じページを見た時に、再カウントする間隔を指定します。※カウント目的ならば『30分』ぐらいがよいと思います。
Reset Data Interval設定した間隔より古いデータを1日単位で削除します。※データを削除しない場合は「0」と入力します。
Flush Object Cache Intervalキャッシュされたカウント数を、オブジェクト・キャッシュからデータベースに移動する頻度を設定します。
Exclude Visitorsカウントから除外する訪問者を指定します。※「robots」と「logged in users」にチェックを入れておくとよいでしょう。
Exclude IPs指定したIPアドレスからのカウントを除外することができます。「Add new」は、入力欄を増やすことができ、「Add my current IP」は、自分がアクセスしているIPアドレスを入力します。
Strict countsブラウザのシークレットモードを利用した時や、クッキーを消去した時にも、カウント間隔を保つことができます。
Tools

『WP-PostViews』プラグインがインストールされている状態で「Import views」をクリックすると、『WP-PostViews』プラグインのカウントデータがインポートできます。「Override existing views data.」にチェックを入れてから「Import views」をクリックすると『WP-PostViews』プラグインのカウントデータでカウント数が上書きされます。

※「Import views」はクリックするとすぐに処理が始まるので注意しましょう‼

「Delete views」は、すべてのカウントデータを削除します。

Deactivationチェックすると、プラグインを無効にした時に、『Post Views Counter』のカウントデータや設定内容をすべて削除します。
●図1

「Display」の設定:表示に関わる機能を設定します

Post Views Label記事の下などに表示されるカウント数のラベル名を設定します。※ラベル名は、カウント数の前に表示されます。
Post Typeカウント数が表示されるポストタイプを選択します。
Page Typeカウント数が表示されるページタイプを選択します。※「Home」はトップページ、「Archives」は一覧ページ、「Singles pages」は、投稿ページや固定ページ、「Search results」は、検索結果ページになります。
User Typeチェックしたユーザーには、カウント数を表示しません。
Positionカウント数を表示する場所を指定します。「before the content」は、本文の前にカウント数を表示、「after the content」は本文の後にカウント数を表示、「manual」は、ショートコード [post-views] を挿入した場所にカウント数を表示します。
Display Style「アイコン」「ラベル名」の設定を指定できます。チェックを入れると、カウント数の前に「アイコン」や「ラベル名」が表示されます。
Icon Class表示されるアイコンを指定します。「Enter the post views icon class. Any of the Dashicons classes are available.」と表示されている「Dashicons」のリンクをクリックして表示される『Developer Resources:Dashicons』(下記図2)から選択することができます。表示させたいアイコンを選択し、アイコン画像の右上に表示されている『dashicons-xxx』のテキストをコピーして、「Icon Class」に貼り付けます。
※画面では『dashicons-chart-bar』が入力されているので、棒グラムのようなアイコンが表示されます。
図2:『Developer Resources:Dashicons』

いかがでしょうか?

アクセス数を調べるのに、Googleアナリティクスを使う場合も多いと思いますが、

WordPressのプラグインの「Post Views Counter」は、ページのアクセス数を簡単に見ることができるので、とても便利です。

ぜひ使ってみてくださいね♪

  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼
  • 今すぐクリック‼

8つのステップで、
SEOに強いWordPressを簡単導入!

「売り込まないネット集客成功法」をダウンロードすると、「ここから始めよう!WordPress」もダウンロードできます。

WordPressのインストール方法、レンタルサーバの登録方法、独自ドメインの設定方法、常時SSL化の設定方法などが記載されているので、これを設定しちゃえば、WordPressの導入が簡単にできちゃいます‼

「ここから始めよう!WordPress」のダウンロードはこちら
8つのステップで、SEOに強い「WordPress」を簡単導入できます‼

「ここから始めよう!WordPress」は、これからWordPressを導入したい方向けに、レンタルサーバーを登録するところから、WordPressの初期設定までの一通りが書いてあるマニュアル本です。ぜひあなたのホームページ作成にお役立てください♡

<目次>

ステップ1:レンタルサーバーを借りよう!
ステップ2:独自ドメインを取得しよう!
ステップ3:取得したドメインをサーバーに追加しよう!
ステップ4:データベースの設定
ステップ5:WordPressをインストールしよう
ステップ6:homeを削除する方法
ステップ7:無料SSLを設定しよう
ステップ8:WordPressの初期設定